注文住宅のリビングに面した収納スペースのような3畳敷き小空間

01. 3畳の小上がり /カドノイエ

この家につくったちいさな居場所は、
小上がりになった3畳の畳スペース。

設計中にお子さんが小さかったので、
ちょっと昼寝をさせたり一緒に本を読んだり、
ちょっとした場所がほしいけど、
床やソファの上ではちょっとね・・・という話があり、
提案したのがこれでした。

リビングに面して丁度座れる高さまであげてポッカリと空いた入り口です。
ここには仕切りはありません。
来客が来てソファが埋まっても、ここがベンチのようになり、
2人くらいは座って話すことも出来ます。

中に入れば天井の低い囲われた場所ですので、
ゆっくりと本を読んだり、お酒を呑んだり、ゴロゴロしたりと
おちついた「ちいさな」場所になっています。

仕切った部屋ではありませんが、ちょっとした空間を作ることで
いろいろな生活のシーンで使えるきもちの良い居場所になります。

HP http://www.archi-komo.co.jp/
カドノイエ http://www.archi-komo.co.jp/works_kadonoie.html
KLASIC https://www.klasic.jp/construction/769/

菰田真志+菰田晶
有)菰田建築設計事務所

「間取りプラン」関連解説記事

菰田真志+菰田晶  リレーブログ記事

著者情報

菰田 真志 + 菰田 晶菰田 真志 + 菰田 晶

菰田 真志 + 菰田 晶 こもだまさし こもだあき

有限会社 菰田建築設計事務所

毎日を心地よく機能的に暮らせる建物。 街に調和しながら趣のある建物。 思わずニンマリ微笑んでしまう建物。 わくわくする建物。 そんな建物を生活スタイルや価値観を伺いながらひとつひとつ創ってゆきます。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)8/23 松原のスパイラルハウス @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「松原のスパイラルハウス」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。     私鉄線路脇の敷地。 ふとした瞬間にそこにある電車の往来の光景を、 光と音による「スピード(=今この瞬間の時間)」のスペクタクルとしてポジティブに捉えて、 そのエネルギーを「位置エネルギー」として住宅内に保存すべく、空間構成をスタディした。 自然光が射す明る...