注文住宅のリビングに面した収納スペースのような3畳敷き小空間

01. 3畳の小上がり /カドノイエ

この家につくったちいさな居場所は、
小上がりになった3畳の畳スペース。

設計中にお子さんが小さかったので、
ちょっと昼寝をさせたり一緒に本を読んだり、
ちょっとした場所がほしいけど、
床やソファの上ではちょっとね・・・という話があり、
提案したのがこれでした。

リビングに面して丁度座れる高さまであげてポッカリと空いた入り口です。
ここには仕切りはありません。
来客が来てソファが埋まっても、ここがベンチのようになり、
2人くらいは座って話すことも出来ます。

中に入れば天井の低い囲われた場所ですので、
ゆっくりと本を読んだり、お酒を呑んだり、ゴロゴロしたりと
おちついた「ちいさな」場所になっています。

仕切った部屋ではありませんが、ちょっとした空間を作ることで
いろいろな生活のシーンで使えるきもちの良い居場所になります。

HP http://www.archi-komo.co.jp/
カドノイエ http://www.archi-komo.co.jp/works_kadonoie.html
KLASIC https://www.klasic.jp/construction/769/

菰田真志+菰田晶
有)菰田建築設計事務所

「間取りプラン」関連解説記事

菰田真志+菰田晶  ばとろぐ記事

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...