住まいの中でのアウトドアへの意識@幸田真一

今週のリレーブログを担当する幸田真一建築設計事務所の幸田です。今回は、住まいの中にアウトドアな場所を作るお話をしていきます。

家づくりのご要望をお聞きするヒアリングの中で、バルコニーや屋上といった外部的な空間の必要性は必ずお聞きしています。多くの方は、そのような豊かな外部空間がある住まいでの生活経験が無いからか、「お茶が飲めるくらいのとか、たまにバーベキュー出来れば、、」といったご要望をおっしゃいます。おそらく、そのような回答をされる方はいまいちアウトドアを感じれる室内空間がどれだけ豊かをいまいちイメージできていないので、事例などでご説明するようにしています。

【プライバシーを確保したテラス】

リビングと連続するようなテラスは、都心部においては、カーテンなどで周囲の視線を遮ずとも、いかにプライバシーを確保できるかが肝になってきます。

アウトドアシンクを設けてこれぐらいの広さがあれば、テーブルを出せば友人を招いてのパーティなども十分可能です。一番利用時のイメージがしやすいアクティブなアウトドア空間です。

【建物周囲の回廊】

敷地条件が恵まれていれば、建物周囲にデッキを敷き込み内外が延長するような回廊を作ることもあります。

奥行きはさほど無くて、室内からはその分、床が伸びているように感じることができ、面積以上の空間の広がりを感じることが出来ます。プランター植栽などをおいて中から視覚的に楽しむアウトドアです。

 

【屋根付き屋上のラナイ】

屋上には屋根をしっかりかけたルーフバルコニーのラナイを用意することもできます。デッキチェアーやハンモックをかけて、リラックスしたり、子供たちと星空を眺めたり。

実際には、防水層保護の為に専用の人工芝などをひいて見た目のイメージもアップさせると、プライベートなリラックス出来るアウトドア空間が作れます。

こちら事例は一つの同じ住宅に全て取り入れた例となりますが、ほんの3畳ほどでもアウトドアを感じれる空間を作ると、室内がより豊かに感じるのは間違いありませんので、せひ取り入れてみて頂きたいと思います。

 

 

著者情報

幸田 真一幸田 真一

幸田 真一 こうだ しんいち

幸田真一建築設計事務所

「どのような暮らしをしたいかを考えること」 家づくりで大切なのは、大切な家族とどのような暮らしをしたいかをたくさん想像することです。 降り注ぐ柔らかな光を感じ、微かに感じる風の匂い。庭先の四季の移ろいに癒される、そんな心地よい暮らし方です。 私たちとの家づくりはそのような建主の想いから始まります。その思いが言葉となり、空間となっていく過程は設計を専門職とする私たち建築家とだからこそできる、家づくりです。 明るくて気持ちのよい家。安全で機能的な優しい家。そして、あなたらしい家。私たちは何一つ欠くことなく、あなたの目線と同じになって家づくりを楽しみます。 "あなたにとって良いデザインと良いおもてなしを。"

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)11/14 ひなたの家 @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「ひなたの家」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 この住宅は、建築家31会の家づくりイベント「建築家31会 展示・相談会・ワークショップ vol.30 at 江東区文化センター」をきっかけにスタートした ご夫婦とお子さんのための住宅です。   都市区画整理事業が進む街の中の、鰻の寝床。 街の歴史がスタートしたばかりのような均質でフラット...