真っ当で適正な価格値段で注文住宅家を建てる方法

建物を創る代金はどのように決まるか?

一言で言うならば、材料代+人件費です。

人件費の内訳は?

・設計料
・工務店経費
・職人さん費用

の3種類で済みます。

工事代金を抑える方法

工事代金を出来る限り抑えたいときは、とにかく人件費を抑える=登場人物を少なくする に尽きます。

人件費を抑える=登場人物を少なくする にはどうすれば良いか?

具体的には、設計者+工務店(職人さんをまとめる役)に依頼をされれば充分です。設計者+工務店+職人さん以外の担当者の出場は、人件費を膨らませるだけです。

以外に高額になる設計施工一括方式

以外かもしれませんが、いわゆるハウスメーカーの設計施工一括方式は、設計と工事が分離している設計事務所+工務店の組み合わせ方式より、高額になる事実があります。

マスメディアへの宣伝費用や、実物大の住宅サンプル、大会社としての会社員皆の人件費や家賃、すべてお客様が支払う工事代金の中に隠れて払っているのです。

それでもハウスメーカーに相談しますか?

ちなみに、皆さんの税金で建てる公共建築、2件目以降の家を建てる方、は、ハウスメーカーには依頼しません。

 

北島俊嗣
北島建築設計事務所

著者情報

北島 俊嗣北島 俊嗣

北島 俊嗣 きたじま としつぐ

株式会社北島建築設計事務所

お客様の貴重な財産である土地や建物を第一に守り、 より美しくデザイン性の高い豊かな建築環境を実現しています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...