中古マンション購入リフォーム工事費用料金を予算内に安くする

予算と希望が合わない

武蔵小杉の中古のマンションを購入した若いご夫妻が、限られた予算の範囲で、全体リフォームをお考えでした。

キッチンメーカーさんや工務店さんに相談と見積りを相談されたようですが、どうしてもご要望を全部盛り込んだリフォーム工事とすると、予算が収まらず困っていました。ご相談先からは工事範囲を少なくするなどの提案はなかった様で、ご自分達の予算ともらった見積り金額の差をどうやって近付けるかを悩んでいたところに相談を頂きました。

予算の範囲でマンションリフォームを実現

まずはじめに、ご夫妻の要望を改めてお聞きして、全部それらを設計して図面を作成しました。

そして設計図に基づいて工務店さんに工事金額のお見積りをお願いするのですが、お見積の方法を工務店さんの都合で金額を算出する方法とは違えて、部屋ごとに見積の内容を区分けする方法でお見積をまとめてもらうようにしました。

HMR-プレゼン1 設計中のパース

するとお見積りは、設計図の内容全体で幾らになるかではなく、各部屋ごと各部分ごとになるので、今回工事を行う範囲を、ご夫妻の予算の都合と今回必ずやらねばならない内容の優先順位をつけて決められました。

ご夫妻は、予算に沿って自分達で工事の範囲が選べたので、ご納得とご満足がいく工事範囲になりました。

 → 関連解説記事「マンションリフォーム費用料金を安くする」

今回工事をしなかった部分については、後に改めて付け加えたり、移動家具を選んで代わりにすることも出来るので、それも満足していただいたひとつかもしれません。

02-HMR-1-明

北島俊嗣
北島建築設計事務所

 

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...