住まいの階段6 スキップ階段 @石井正博+近藤民子

今回の “ばとろぐ” では「住まいの階段」について、タイプ別に紹介しています。

六日目:スキップフロア住宅の床を繋ぐ階段を、スキップ階段として分類してみました。

スキップ階段は移動距離が短く、上り下りに対する精神的な抵抗が少なくなります。フロアと階段の連続性が生まれ、階ごとの区切りは弱まり、室内の一体感が強まります。

階段の長さ(ささら桁の支点間距離)が短いため、ささら桁のメンバーを小さくできることも特徴の一つです。

>>関連ブログ ストリップ階段の安全対策

ArAP

写真は、木造3階建(SE構法)住宅のスキップ階段を3階から見下ろしたものです。この住宅は準防火地域の準耐火建築物です。階段は鉄骨階段とするか、木で作る場合には厚さ6センチ以上とすることが建築基準法で求められます。木で作ると部材が太くなりすぎるため、この階段は鉄骨階段として、踏み面は鉄の下地の上に、木を被せてフローリングに近い色で仕上げています。

>>関連ブログ2013.11.22 日没後の上棟 十字路に建つスキッハウス

>>十字路に建つスキッハウス
>>十字路に建つスキッハウス 設計・工事経過ブログ

SuNCNjpg

写真[撮影:大沢誠一]は、木造3階建(SE構法)のスキップフロア住宅の、3階の低い床と高い床を繋ぐストリップのスキップ階段です。階段の骨となるささら桁は、そのサイズを極力細くして軽快な感じを出しています。

>>関連ブログ2011.11.10 木製のストリップ階段 TNMハウス

>>カフェのある家
>>カフェのある家 設計・工事経過ブログ

>>住まいの階段1 階段とトップライト
>>住まいの階段2 階段室タイプの階段
>>住まいの階段3 直階段の階段下利用タイプ
>>住まいの階段4 直階段のストリップ階段

>>住まいの階段5 螺旋(らせん)階段
>>住まいの階段6 スキップフロアの階段
>>住まいの階段7 応用編

>>設計事務所アーキプレイス HP
>>設計事務所アーキプレイス ブログ

建築家31会 からの お知らせ

来たる1月15日(月)〜21日(日)の7日間、豊洲シビックセンターギャラリーにて、建築家が実際に設計した住宅などの写真・模型を持ち寄って、家づくり相談会を開催します。

会場には建築家が設計した実例を展示して、建築家本人が居り、家を建てたいお客様の悩みや相談に応えます。

・家づくりをお考えの方
・敷地や予算に厳しい条件がある方
・建築家の話しを一度聞いてみたい方
・今相談している先に疑問がある方
・店舗や医院、賃貸建物を検討している方
・リフォームか建替えか迷われている方

客観的な視点からお客様の選択肢を提案して、より真っ当な内容と費用で実現していますので、この機会にどうぞご来場ください。

建築家31会 家づくりトークショー・展示・相談会 vol.27
日時:2018年1月15日(月)~21日(日)
会場:豊洲シビックセンター 1F ギャラリー

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。

設計事務所というと、

・どこにいるかわからない
・誰を選んで良いかわからない
・とんでもないことをされてしまうのではと心配

そこで、私達の特徴として、31人(組) 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので、

・お客様が建築家を選べられる
・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。

どうぞ下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。お客様の予算やスピードに合わせて建築家を選んでいただき、希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

・二世帯住宅集まって住む家の設計事例
・都市東京に賢く家を建てて住む
・失敗しない住宅リフォームリノベーション

 

カテゴリー: 建築家ブログ”ばとろぐ” タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です