住まいの階段6 スキップ階段 @石井正博+近藤民子

今回の “ばとろぐ” では「住まいの階段」について、タイプ別に紹介しています。

六日目:スキップフロア住宅の床を繋ぐ階段を、スキップ階段として分類してみました。

スキップ階段は移動距離が短く、上り下りに対する精神的な抵抗が少なくなります。フロアと階段の連続性が生まれ、階ごとの区切りは弱まり、室内の一体感が強まります。

階段の長さ(ささら桁の支点間距離)が短いため、ささら桁のメンバーを小さくできることも特徴の一つです。

>>関連ブログ ストリップ階段の安全対策

ArAP

写真は、木造3階建(SE構法)住宅のスキップ階段を3階から見下ろしたものです。この住宅は準防火地域の準耐火建築物です。階段は鉄骨階段とするか、木で作る場合には厚さ6センチ以上とすることが建築基準法で求められます。木で作ると部材が太くなりすぎるため、この階段は鉄骨階段として、踏み面は鉄の下地の上に、木を被せてフローリングに近い色で仕上げています。

>>関連ブログ2013.11.22 日没後の上棟 十字路に建つスキッハウス

>>十字路に建つスキッハウス
>>十字路に建つスキッハウス 設計・工事経過ブログ

SuNCNjpg

写真[撮影:大沢誠一]は、木造3階建(SE構法)のスキップフロア住宅の、3階の低い床と高い床を繋ぐストリップのスキップ階段です。階段の骨となるささら桁は、そのサイズを極力細くして軽快な感じを出しています。

>>関連ブログ2011.11.10 木製のストリップ階段 TNMハウス

>>カフェのある家
>>カフェのある家 設計・工事経過ブログ

>>住まいの階段1 階段とトップライト
>>住まいの階段2 階段室タイプの階段
>>住まいの階段3 直階段の階段下利用タイプ
>>住まいの階段4 直階段のストリップ階段

>>住まいの階段5 螺旋(らせん)階段
>>住まいの階段6 スキップフロアの階段
>>住まいの階段7 応用編

>>設計事務所アーキプレイス HP
>>設計事務所アーキプレイス ブログ

カテゴリー: 建築家ブログ”ばとろぐ” タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です