狭小住宅において、窓辺の居心地を高めることにより、省スペースと快適性を両立する工夫 @七島幸之+佐野友美

photo by Brian Sawazaki Photography

新型コロナウィルス感染予防の為に自宅で過ごす時間が長くなっていて、
皆さん、自宅の快適さの重要性を再認識されているのではないでしょうか。

光や風を取り入れ、外の景色を切り取る窓は、
家の中にいて「外」を感じられる、とても大切な家の要素と言えます。
今回のリレーブログでは、私共が設計した狭小住宅の、窓周りを居場所にした事例をご紹介したいと思います。

 

photo by Brian Sawazaki Photography

この住宅は、建物の間口が2.7m、高さが9mの木造3階建です。
1階の玄関奥には寝室ゾーンがあるのですが、その一角に位置する、トイレの手洗いを兼ねた洗面台。
コンパクトながら、窓から朝日が入ってくる、気持ちのよいコーナーです。

 

photo by Brian Sawazaki Photography

2階には、南側の隣接する公園を見下ろす窓際にリビング。
そこから階段3段分のスキップフロアを上がったところがダイニング・キッチン。

 

photo by Brian Sawazaki Photography

幅が2.7mのとても小さな住宅でしたので、省スペースの為に、出窓にベンチを設えました。
小さなスペースではありますが、明るく光に包まれる居心地の良さが心地よい、必要十分なダイニングスペースです。

 

 

 

隣地境界線と建物外壁との間の隙間を利用した出窓の出幅は約30cm。
出窓先端のサッシの内側に、ブラインドと背もたれ。
ベンチの座を外壁内側から15cmほど飛び出させており、座部分の奥行寸法は40cmを若干切るくらい。
コンパクトながら、お尻の座りの良いベンチです。

 

photo by Brian Sawazaki Photography

狭小敷地の場合、敷地の制約により建物の大きさが決まってきてしまいがちです。
ですが、今回ご紹介したのは、その制約を守りながらもそれに縛られすぎることなく、
条件が許容しうる範囲で少し外側へグイッと押し広げて、居ごこち良い場所に設えた事例です。

住宅の空間というのは、均質であるよりも場の雰囲気に濃淡・粗密のような偏りがあった方が過ごしやすいのではないか、と考えています。
窓辺のコーナーの親密さ(コンパクトさ)が、その他の部分で最大限に獲得する視線の距離・抜け(長さ・大きさ)を際立たせ、
結果的に住まい手が家の中に自由を感じることが出来るような空間の在り方=豊かさを目指して設計をしています。

 

>>七島幸之 + 佐野友美/アトリエハコ建築設計事務所 建築家31会のページ
>>アトリエハコ建築設計事務所のHP

著者情報

七島幸之 + 佐野友美七島幸之 + 佐野友美

七島幸之 + 佐野友美 ななしまゆきのぶ さのともみ

アトリエハコ建築設計事務所

詩的にシンプルな、それでいてユーモラスな建築をつくりたいと考えています。 要素を削ぎ落とすのではなく、生活の為の設えがさりげない在り方で生活を彩る、シンプルな家。 姿カタチや空間の佇まいに住まい手の個性が垣間見えるような、唯一無二の「生活の容器」を自由で柔軟な発想で追求します。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...