住まいに光と風を効果的に取込む天窓(トップライト) 1 @石井正博+近藤民子

今週の “ばとろぐ” を担当します、設計事務所アーキプレイス石井正博+近藤民子です。

私たちは男女ペアの視点を活かして、暮らし易さ(光と風、家事動線、収納など)とデザインのバランスのとれた家づくりを目ざし「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマとして設計活動をしています。

今回の“ばとろぐ”では、住まいの環境にとって欠かすことのできない光と風を、室内に取り込む方法の一つである天窓(トップライト)について「住まいに光と風を効果的に取込む天窓(トップライト)」と題して2回に分けて書いてみます。

1.住まいのメインの採光として使う天窓(トップライト)

建物が密集した敷地はで外壁面からの採光が難しい時がありますが、そういう時に検討したいのが、住まいの中心に明るさをもたらすことができる天窓(トップライト)です。

神楽坂の家』の北側の屋根に設けた天窓(トップライト)は、3m×1.7mの大きさがあり、3階のオープンスペースを明るくするとともに、吹抜を通して2階リビングにも十分な明るさをもたらしてくれます。

 

2.住まいの中央に効果的に採光できる天窓(トップライト)

 

周囲を8軒の建物で囲まれた敷地に建つ『囲まれた家』では、建物中央に設けた天窓(トップライト)からまず2階に採光し、その光を半透明の床を通すことで1階まで届け、1階でも自然光の明るさを感じられるようにしています。

 

天窓(トップライト)は同じ面積の窓の約3倍の明るさを室内にもたらしてくれますが、反面、夏の直射光をそのまま室内に入れると暑くなりすぎてしまいます。そのため天窓(トップライト)の大きさや向きは十分検討し、ガラスには熱射を遮る効果のあるもの(Low-Eガラス)を使ったり、室内側に光の量を調整できるのロールスクリーンを取り付けるなどの対策も必要となります。

 

>一日目:住まいに光と風を効果的に取込む天窓(トップライト) 1
>>二日目:住まいに光と風を効果的に取込む天窓(トップライト) 2

 

設計事務所アーキプレイス HP
設計事務所アーキプレイス ブログ

ARCHIPLACE Facebook

 

− 最新イベント情報 −

建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.4」を開催(3/1〜3/15)します

首都圏で活動する「建築家31会」と、質の高いデザインとアフターサービスを提供する水回り設備の「セラトレーディング・CERA TRADING」によるコラボレーション第四弾。 建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.4」開催のお知らせ。 東京・乃木坂にあるセラトレーデイングのショールームにて、Love!Bathroom をテーマに、まだ見ぬ理想のバスルームから実際の事例までを写真と模型を使って展示します。 会期:2019年3月1日(金)〜3月15日...