図面の見方-1 建物は通路と溜まりで出来ている @石井正博+近藤民子

今週の “ばとろぐ” を担当します設計事務所アーキプレイス石井正博+近藤民子です。
私たちは男女ペアそれぞれの視点を活かして、暮らし易さ(光と風、家事動線、収納など)とデザインのバランスのとれた家づくりを目ざし「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマとして設計活動をしています。

今回の “ばとろぐ” では、家づくりを始めようとする時にあると便利なスキル「図面の見方」について、ポイントを紹介していきます。

《図面の見方-1 建物は通路と溜まりで出来ている》

街は《通路》と《溜まり》で出来ています。《通路》は人や車が通るいわゆる“道路”です。《溜まり》は建物が建っていたり駐車場などになっている部分いわゆる“敷地”です。

建物も《通路》と《溜まり》で出来ています。《通路》は人が移動するために必要な廊下や階段で、《溜まり》は人が会話したり食事をしたりする部屋、物をしまっておく収納部分です。

部屋も《通路》と《溜まり》で出来ています。《通路》は人が動くために必要な場所(空間)で、《溜まり》は人が何かをするための場所(空間)で、ダイニングテーブルやソファ、机やベッドが置かれている部分です。

住宅の平面図を見る時のポイントは、この《通路》と《溜まり》の関係を強く意識することです。《通路》と《溜まり》の関係が良く、バランスのとれた住まいは動きやすく、居心地良い空間になるからです。逆に、《通路》と《溜まり》の関係が悪くアンバランスな住まいは、無駄が多かったり日々ストレスを感じてしまう事になります。

>>図面の見方-1 建物は通路と溜まりで出来ている
>>図面の見方-2 図面に色を塗ってみよう
>>図面の見方-3 自分なりの物差し(スケール感)をもとう
>>図面の見方-4 立面図(りつめんず)
>>図面の見方-5 断面図(だんめんず)
>>図面の見方-6 断面詳細図(だんめんしょうさいず)
>>図面の見方-7 図面の上下を逆さまにしてみる

>>設計事務所アーキプレイス HP
>>設計事務所アーキプレイス ブログ

 

・二世帯住宅集まって住む家の設計事例
・都市東京に賢く家を建てて住む
・失敗しない住宅リフォームリノベーション

 

− 最新イベント情報 −

建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.4」を開催(3/1〜3/15)します

首都圏で活動する「建築家31会」と、質の高いデザインとアフターサービスを提供する水回り設備の「セラトレーディング・CERA TRADING」によるコラボレーション第四弾。 建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.4」開催のお知らせ。 東京・乃木坂にあるセラトレーデイングのショールームにて、Love!Bathroom をテーマに、まだ見ぬ理想のバスルームから実際の事例までを写真と模型を使って展示します。 会期:2019年3月1日(金)〜3月15日...