二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その3 〜完全同居タイプ〜 @石井正博+近藤民子

今週の “リレーブログ” を担当しています石井正博+近藤民子(設計事務所アーキプレイス)です。今回の“リレーブログ”では、「二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点」と題して3回に分けて書いています。

3.完全同居タイプ(同居型)の二世帯住宅

完全同居タイプの二世帯住宅は、玄関・リビング・キッチン・浴室・トイレの基本的な生活空間と設備をすべて共有したタイプです。どちらかの世帯にサブとなる専用リビングを設けたり、ミニキッチンやトイレ・洗面などの専用の設備を設けることもあります。

メリットとしては、家事や育児を分担したり一緒に行えること、常に気配を感じながら暮らせること、共用部分が多いので3つのタイプの中で建設費を一番抑えられることなどです。

注意点としては、みんなが集まる場所と個室のメリハリをつけ、個室を充実させること。また、義理の間柄となる家族が一人になれる場所を用意したり、居心地が良くなる工夫をすることがポイントになります。

>>みんな集まる家

ご主人のお母様と暮らす完全同居タイプの二世帯住宅。お母様の個室には専用の洗面台が設けてあります。

>>ひかりの家

ご主人のお父様と暮らす完全同居タイプの二世帯住宅。お父様の個室は、愛犬の居場所でもある1階の玄関土間に面していて、学校から帰ってきた孫娘と座って話したり、吹抜けを通して直接2階リビングに声をかけやすい断面構成になっています。



>>東京タワーと桜の見える家

奥様のお父様と暮らす完全同居タイプの二世帯住宅。お父様専用のサブリビングがあり、右側の家具の後ろ側に寝室が、左側には水廻りがあります。

義理の間柄となるご主人には、見晴らしが良く、扉を閉めてこもれる書斎があります。

 

二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その3 〜完全同居タイプ〜
二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その2 〜半分離タイプ〜
二世帯住宅のタイプ別メリットと注意点 その1 〜完全分離タイプ〜

住宅の玄関ドアや玄関引き戸をオリジナルで作ってみよう
住宅の外壁材の種類と特徴、メリット・デメリット
テレワーク・在宅勤務がもたらす住宅の作り方や暮らし方の変化
機能的で快適な水廻り 洗面/脱衣/洗濯室をつくるポイント
住まいの収納を新築やリフォームを機に見直してみる

 

設計事務所アーキプレイス HP
設計事務所アーキプレイス ブログ
ARCHIPLACE Facebook

お問い合わせ先:info@kenchikuka31.net
建築家31会事務局 東京都港区南青山2-2-15 WinAoyamaビル–UCF917
Tel : 03-6869-1961


>>建築家31会 HP
>>建築家31会 Facebook

著者情報

石井 正博 + 近藤 民子石井 正博 + 近藤 民子

石井 正博 + 近藤 民子 いしいまさひろ こんどうたみこ

設計事務所アーキプレイス

「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマに、暮らしやすさ(温熱環境・家事動線・収納計画など)、デザイン、コストのバランスのとれた質の高い家づくりを建て主の方と一緒にめざします。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...