家を建てる時の土地探しのポイント15 その1 @石井正博+近藤民子

家と建てる時に土地探しから家づくりをスタートさせる方のための、土地探しのポイントを今日から3回にわたりまとめてみます。

1.住みたい家のイメージを思い描く 家を建てるとしたら、どんな生活をしたいのか、思い浮かべてみましょう。最初からはっきりとした将来の住まいのイメージを描ける人はいませんが、今まで暮らしてきた住まいや、お気に入りの場所、気持ちよかった街やお店の雰囲気などを手がかりとして、土地探しの前に住みたい家のイメージをまずは思い描いてみましょう。

2.土地の相場をつかむ 土地の価格には、実勢価格、公示価格、基準地価、路線価、固定資産税評価額という5つの種類があります。その内実際に市場で取引されている価格が実勢価格です。購入を検討しているエリアの土地情報をネット、チラシ、不動産屋さん巡りなどで沢山集め、早めに土地の相場をつかみましょう。

3.敷地を見る目を養う 土地探しでは、ネット情報や不動産チラシばかり見ていては、敷地を見る目を養うことはできません。必ず現地に立って、五感を働かせてその場の雰囲気を感じてみましょう。実際の暮らしをイメージしてみるとチラシでは分からなかったメリット・デメリットが見えてきます。土地にも人間と同じ個性があることが、分かってくるはずです。

4.信頼できる専門家を早めに見つける 土地購入には多くの専門知識が不可欠です。基礎的なことだけでも、はじめての方には難しいことが多いので、信頼できる建築の専門家を早めに見つけて、アドバイスを受けながら進めることも有効です。

5.土地探しは建築計画と同時進行が理想 土地購入後に、「イメージした建物が建たなかった」「想定外の費用がかかった」ということを避けるために、土地購入前に、おおまかでもよいので建物プランと資金計画の検証ができれば安心です。

ohs%20L-deck[1]

設計事務所アーキプレイスでも、土地探し時点から相談を受ける場合があります。住まいのご希望が叶えられそうな土地かどうか、設計者から見てその土地のメリット・デメリットをアドバイスしています。写真の住宅『スキップする家』は、南側道路よりも日当りが悪くなるという理由から、割安な北側道路でしたが、断面を工夫することで光が十分に入る住まいが実現しました。

家を建てる時の土地探しのポイント まとめ
家を建てる時の土地探しのポイント15 その3
家を建てる時の土地探しのポイント15 その2
家を建てる時の土地探しのポイント15 その1
家を建てる時の敷地と住宅(土地と住まい)

住宅の玄関ドアや玄関引き戸をオリジナルで作ってみよう
住宅の外壁材の種類と特徴、メリット・デメリット
テレワーク・在宅勤務がもたらす住宅の作り方や暮らし方の変化
機能的で快適な水廻り 洗面/脱衣/洗濯室をつくるポイント
住まいの収納を新築やリフォームを機に見直してみる

設計事務所アーキプレイス HP
設計事務所アーキプレイス ブログ
ARCHIPLACE Facebook

>>archiplacejapan Instagram

>>You Tubeチャンネル archiplacejapan

お問い合わせ先:info@kenchikuka31.net
建築家31会事務局 東京都港区南青山2-2-15 WinAoyamaビル–UCF917
Tel : 03-6869-1961

>>建築家31会 HP
>>建築家31会 Facebook

著者情報

石井 正博 + 近藤 民子石井 正博 + 近藤 民子

石井 正博 + 近藤 民子 いしいまさひろ こんどうたみこ

設計事務所アーキプレイス

「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマに、暮らしやすさ(温熱環境・家事動線・収納計画など)、デザイン、コストのバランスのとれた質の高い家づくりを建て主の方と一緒にめざします。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...