敷地と住宅(土地と住まい)@石井正博+近藤民子

今週のバトログを担当する設計事務所アーキプレイス石井正博+近藤民子です。

「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマとし、男女ペアの視点を活かし、暮らしやすさ(光と風、家事動線、収納など)とデザインのバランスのとれた家づくりをめざして設計活動をしています。

今週のバトログは「敷地と住宅(土地と住まい)」について書いていきます。

住宅(家)を建てる時に、かならず無くてはならないものが敷地となる土地です。
私たち建築家が設計をはじめるとき、まず最初に考えることはそれが建つ環境のことです。光はどちらから射してくるのか。風の通りはどうか。まわりは住宅地か、田園か、森林か。隣には何がどんな風に建っているか。視線の抜ける方向はないか。敷地の形や傾斜はどうか。現地を見に行って実測し写真を撮り歩き回って、諸々の環境条件を体に覚え込ませます。
建て主のライフスタイルや要望とともに、敷地にまつわる環境条件が建物のかたちを決める根拠になり、はじめて設計をスタートさせることができます。

でも、世の中を見渡してみると、敷地が決まっていないのに先にモデルプランがあり、あらかじめ用意されたモデルプランの住宅を、後から決まった敷地に当てはめていく家づくりもあることに気づきます。建築家との家づくりは「敷地が先でプランが後」ですが、「プランが先で敷地が後」の考え方で造られる住宅の方が、実際には多いくらいです。

建築家・篠原一男(元東京工業大学教授)は著書『住宅論』の中で「風土に根ざした民家はキノコのようなものだ」記しました。近代化・都市化が一段落し、持続可能な社会に向けての住まいが求められている現在、敷地という環境を読みこみ、それを十分活かしていくことが、こらからの家づくりにとって増々重要になっていくのではないでしょうか。

sssIMG_1784[1]

空と暮らす家(スキップフロア)』 設計事務所アーキプレイスWEB

>>設計事務所アーキプレイスBlog >>空と暮らす家(スキップフロア) 設計・工事経過

>>敷地と住宅(土地と住まい)
>>土地探しのポイント15 その1
>>土地探しのポイント15 その2
>>土地探しのポイント15 その3
>>土地探しのポイントまとめ

設計事務所アーキプレイス HP
設計事務所アーキプレイス ブログ

ARCHIPLACE Facebook


カテゴリー: 建築家ブログ”ばとろぐ” タグ: , , , , パーマリンク