四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ 1 @石井正博+近藤民子

今週の “ばとろぐ” を担当します、設計事務所アーキプレイス石井正博+近藤民子です。

私たちは男女ペアの視点を活かして、暮らし易さ(光と風、家事動線、収納など)とデザインのバランスのとれた家づくりを目ざし、「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマとして設計活動をしています。

今回の“ばとろぐ”では、住まいの中に自然をより身近に感じられる「テラス(デッキテラス)」を設けた住まいの事例を3回に分けてご紹介します。

住まいの中に、自然(光・風・緑・空)と直接ふれあえる場所を設けることで、日々の暮らしがぐっと豊かなになるように思います。日本には四季折々の変化があります。蒸し暑くて不快な時期や凍えるように寒い季節もありますが、自然の光や風は心地よく、緑や空が見えるだけで心が和みます。私たちの中には自然と共生する生活や住まいを求めるDNAが組み込まれているのではないでしょうか。

設計事務所アーキプレイスでは、外部空間を取り入れたり、内と外のつながりを強めたり、四季の変化を感じられる場所を住まい設けることを積極的に提案しています。

一日目は1階LDKと繋がるテラス(デッキテラス)のある住まいです。

蕨市13_7663s

蕨市のコートハウス』のテラス(デッキテラス)はL字型プランの建物に囲われた空間です。床は室内が続くようなウッドデッキで、2本のシンボルツリーをバランスよく植えています。気候の良い季節には6人掛けのテラスチェアセットを置いて食事もでき、木漏れ日を感じながらのゆったりとしたリゾート気分も味わえます。

猫と暮ら13_4287

猫と暮らす中庭のある家』のテラス(デッキテラス)は、コの字型プランのLDK、玄関、水廻りに囲まれた中庭空間です。広々としたウッドデッキには、四季の変化が楽しめる柔らかな樹形のシマトネリコのシンボルツリーを植え、愛猫も日向で自由に遊ばせられるように、高目の板塀を設けています。

>>一日目:1階LDKと繋がるテラス(デッキテラス)のある住まい
>>二日目:2階LDKと繋がるテラスのある住まい
>>三日目:屋上にテラスのある住まい

設計事務所アーキプレイス HP
設計事務所アーキプレイス ブログ

ARCHIPLACE Facebook

カテゴリー: 建築家ブログ”ばとろぐ” タグ: , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です