住まいに広さ(広がり)を生み出す方法 その1 @石井正博+近藤民子

今週の “ばとろぐ” を担当する石井正博+近藤民子設計事務所アーキプレイス)です。
男女ペアの視点を活かして暮らし易さ(光と風、家事動線、収納など)とデザインのバランスのとれた家づくりを目ざし、「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマとして設計活動をしています。

今回の “ばとろぐ” では「住まいに広さ(広がり)を生み出す方法」について、書いていきます。

住まいの計画では、広さ(広がり)を求められる事が多くなっています。土地が狭い、建てられる面積が限られる、狭い部屋で今まで窮屈に暮らしてきたなど、これから建てる新しい住まいに広さ(広がり)を求める理由は様々です。
広さ(広がり)のある空間には、気持ちを開放的にしてくれる面や、日々の暮らしに癒や心の余裕を与えてくれる面があり、それによって生まれる「居心地のよさ」が、今の住まいにはより強く求められているのではないでしょうか。
また、広さ(広がり)は、床面積で単純に測れるものでもありません。天井高さを含めた立体的な広さ(容積)、部屋と部屋(内部と外部)の繋がり方、窓と壁の配置やバランス、視線の抜け具合やその焦点、光の取り入れ方になどによっても、影響される「空間の奥行き感」のようなものだと思います。

設計の工夫によって生まれる「空間の奥行き感」について、事例を交えながらご紹介していきます。これからの家づくりのヒントに少しでもなれば幸いです。

1.デッキテラス(内部と外部の一体感を活かす)

neko LDK
三方を建物で囲われた中庭に、室内のフローリングに近い色合いの木製のデッキを段差なく張って、デッキテラスと室内の一体感を強めています。一部が吹抜となったLDKは、中庭に対して大きく開口を設け、光を奥深くまで呼び込むとともに、青空へと視線が抜けて行く断面構成になっています。デッキテラスではお茶を飲んだり室内と一体的な使用ができると同時に、室内の延長としての広さ(広がり)をこの住まいに与えています。>>『猫と暮らす中庭のある家』

asa deck
もう一つの事例は、2階にあるLDKの外に張り出す形で、デッキテラスを設けたものです。デッキテラスの外側には壁を回し、外部からの視線はシャットアウト、内部に安心感を与えています。フルオープンのサッシを開ければ内部と外部が連続し、日が暮れてからでも、カーテンなどを閉じる必要もなく、室内外の一体的な広がりを楽しむ事ができます。>>『阿佐ヶ谷の家』

>>住まいに広さ(広がり)を生み出す方法 その1
>>住まいに広さ(広がり)を生み出す方法 その2
>>住まいに広さ(広がり)を生み出す方法 その3
>>住まいに広さ(広がり)を生み出す方法 その4
>>住まいに広さ(広がり)を生み出す方法 その5


カテゴリー: 建築家ブログ”ばとろぐ” タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です