図面の見方-6 断面詳細図(だんめんしょうさいず) @石井正博+近藤民子

《図面の見方-6 断面詳細図(だんめんしょうさいず)》

建物の高さ関係の納まりを表わした詳細な図面が、矩計図(かなばかりず)または、断面詳細図(だんめんしょうさいず)と言われる図面です。

基礎、床組み(床構成)、小屋組み、建具、枠などの寸法・納り・仕様など、壁や屋根や床の ”中身” を表わしたとても大切な図面です。仕上げ厚さや設備の配管ルートなども検討され、設計、見積り、工事のいずれの段階でも、建築関係者が何度も見る総合的な図面でもあります。

一方で、矩計図や断面詳細図は、建て主などの素人の方には専門的すぎて分かりにくい図面です。分からないところや気になるところがあれば、設計者など専門家に説明してもらい極力理解するように努めてみてください。

木立に佇む家木造2階建て住宅の断面詳細図 縮尺1/30

上の断面詳細図の一部を拡大したもので、見えない部分の基礎の深さ、床組み、断熱材の種類や位置などが記入されています。

 

阿佐ヶ谷の家』 鉄骨造3階建て住宅の断面詳細図 縮尺1/20 の一部で、屋根の水勾配や、天井内の配管と梁(H鋼)の関係などが記入されています。

>>図面の見方-1 建物は通路と溜まりで出来ている
>>図面の見方-2 図面に色を塗ってみよう
>>図面の見方-3 自分なりの物差し(スケール感)をもとう
>>図面の見方-4 立面図(りつめんず)
>>図面の見方-5 断面図(だんめんず)
>>図面の見方-6 断面詳細図(だんめんしょうさいず)
>>図面の見方-7 図面の上下を逆さまにしてみる

>>設計事務所アーキプレイス HP
>>設計事務所アーキプレイス ブログ

カテゴリー: 建築家ブログ”ばとろぐ” タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です