図面の見方-7 図面の上下を逆さまにしてみる @石井正博+近藤民子

《図面の見方-7 図面の上下を逆さまにしてみる》

家づくりをはじめると平面図や立面図など、いわゆる設計図と言われる図面をもとに、間取りや動線を考えたり、将来の生活をイメージしたり、仕上げを決めたり、設計者と話し合ったり・・・図面を見る機会が多くなります。

その時、図面を「いつも見ている方向と変えて眺めてみる」ことをオススメします。新しいアイデアが浮かんだり、悩んでた問題がすーっと解けたりすることがあるからです。(あまり頻繁に向きを変えると混乱するので、時々ですが)

写真は、群馬県館林市に現場監理に通っていた時に撮った東武伊勢崎線(太田〜館林間)の夕方の景色です。同じ写真なのにまったく違う印象を受けませんか?

設計事務所アーキプレイスが家づくりに携わった住宅では、平面を左右反転(この場合は東西反転)させて完成した住宅が二つあります。その中の一つは、敷地に建っていた家屋が解体されて更地になった敷地を見た時、周辺環境との関係や、光の入り方、視線の抜け具合が、平面図の左右(東西)を反転させると、今までよりしっくり来ることに気づきました。これは少し特殊な例かも知れませんが、いつもと違った方向・角度から見ることで、プランへの理解が深まったり、今まで意識してなかったことに気づいたり、思わぬアイデアが浮かんだり・・・より良いプランにたどり着くために一度試してみてください。

ssP1000801

反転案を経て完成した『緑あふれるアトリエのある家
>>緑あふれるアトリエのある家 設計・工事経過ブログ

 

>>図面の見方-1 建物は通路と溜まりで出来ている
>>図面の見方-2 図面に色を塗ってみよう
>>図面の見方-3 自分なりの物差し(スケール感)をもとう
>>図面の見方-4 立面図(りつめんず)
>>図面の見方-5 断面図(だんめんず)
>>図面の見方-6 断面詳細図(だんめんしょうさいず)
>>図面の見方-7 図面の上下を逆さまにしてみる

>>設計事務所アーキプレイス HP
>>設計事務所アーキプレイス ブログ

カテゴリー: 建築家ブログ”ばとろぐ” タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です