風通しを良くする住宅密集地の木造狭小住宅の工夫

東京都文京区本駒込の住宅密集地のお住まいの建替えのご相談をいただきました。

ご家族の課題であり住まいに対するご要望は、

  • リビングを明るくしたい
  • 風通しを良くしたい

でした。

明るいリビングの実現は、

 ▶︎ 関連記事「北西向き狭小敷地で明るい住宅リビングにする間取りプラン工夫」

 ▶︎ 関連記事「住宅密集地の木造狭小住宅2階配置LDKリビングダイニングキッチンを明るくする」

の工夫で実現できました。

風通しを良くするための方法

建物の風通しが良くなるための条件は、

  • 建物の周囲に風を遮る建物がない
  • 風が入りでる窓がある

ことが理想です。

ただし、住宅密集地では中々この条件は揃いません。

220803-terakado-site-plan.jpg

当然ですが周囲の状況は変えられません。

これから建てる建物に工夫をすることで、風を取り込み、風通しを良くする方法を実現しました。

開口窓の位置

風が建物に入るためには、中に入った風が外に出て行かなくては風通しは良くなりません。

そこで、出来る限り沢山 窓を設けました。

220804-terakado-2Fplan-window.jpg

窓の場所は、部屋の中で対になるようになるべく遠くの反対側になるように、随所に設けられました。住宅密集地では、どちらから風が来るか分からないからです。