住宅リビング店舗客席医院待合室の家具選び

住まいや店舗、医院などの設計をさせていただいたとき、設計は住まいの暮らし方や、店舗や医院のデザインを建主様と総合的に考えています。

すると建物の工事が終わった後に運び込まれる家具についても、総合的な検討の中で選ぶべき家具が見えてきます。

そのようなときは、建主様と家具選びを行なって、最適な家具を選んでいただけるようにお手伝いさせていただいております。

住宅のリビングの家具

二世帯住宅の子世帯のリビングで、インテリアの素材が白色の壁天井と薄い茶色の木目調の柱や梁と床フローリングのお好みになりました。

どちらかというと、北欧モダニズム建築の暖かみのある雰囲気に思えたので、北欧デンマークの家具屋さん「ボーコンセプト」様をご紹介させていただき、ショウルームにお邪魔しました。

私はお客様とショウルームを訪れるときは、

・平面図
・パース
・内装材料サンプル

を持参して、家具の寸法、色彩が相応しいかどうかをその場で判断と説明が出来るようにしています。

お客様ご夫妻は、家具の雰囲気を気に入られて、まずはリビングに置くソファのカタチを選び、生地の色合いを選ばれました。

お客様ご夫妻が自由に選び、私は寸法や色合いに間違いがないかを確かめるためにサンプルなどを持って付き添います。これまで、ずっとパースやサンプルを利用してインテリアを検討して来られたので、とても素敵なソファを選ばれたと思います。

和室の応接間のテーブル椅子

和風住宅の床の間のある応接間は、床をフローリングにして椅子式の家具を置いて、打合せも出来るようにお客様はご希望でした。

そこでまずは、無垢の木の板テーブルがあるショウルームに数件足を運びました。どちらのショウルームにも大型の無垢の木のテーブルと、木で製作された椅子があって、お客様は、

・無垢の木の板の重量感
・木の手触り感
・椅子の座り心地
・金額と自分の希望の関係

が感じられたそうです。

より具体的な好みとしては、

・無垢の板は自分には重すぎる
・座り心地の良い椅子ほど値段が高い

ということが判り、後日ショウルームを再び訪れ、購入する家具を決めました。

和風飲食店の客席テーブル椅子

寿司飲食店の家具選びは、内装デザインが形、素材などが全て決まって直ぐに店舗家具メーカー様のカタログを集め、片端しから探して、形・色彩・金額の視点で何点かに絞りました。

何点かに絞った後、実際に店主様とショウルームに赴き、形・色彩の感じを確かめました。

改めて場所を移して相談して、和風な形でもシンプルな和モダンなデザインの椅子に決まりました。

椅子やテーブルの高さはミリ単位で確かめ、好みの寸法に調整して下さいました。

医院待合室の患者さん用椅子

医院待合室では患者さんは隣りの患者さんを気にせず、各々個々に座って診察を待ちたいと考えて、ソファでも一人掛けのソファを選んでいただいています。

商品を確認しなくとも既に判っていて、インターネット上のショップで購入できる場合は、インターネットで注文していただくこともあります。値段も安くなることがあり、送料もお得なときがあります。

また、ご自身で椅子を目で見て確かめ選ばれたい方は、家具店舗が集まっている場所に赴いて選んでいただきました。

神奈川県横浜市の建築家 北島建築設計事務所 北島俊嗣

 

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。

設計事務所というと、

・どこにいるかわからない
・誰を選んで良いかわからない
・とんでもないことをされてしまうのではと心配

そこで、私達の特徴として、31人(組) 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので、

・お客様が建築家を選べられる
・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。

どうぞ下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。お客様の予算やスピードに合わせて建築家を選んでいただき、希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

関連解説記事リンク—家具—

「家具」関連解説記事

「注文住宅」関連解説記事

「医院」関連解説記事

北島俊嗣  ばとろぐ記事

建築家の実例説明トークショー
・二世帯住宅集まって住む家の設計事例 建築家説明トークショー
・都市東京に賢く家を建てて住む 建築家説明トークショー
・失敗しない住宅リフォームリノベーション 建築家説明トークショー

カテゴリー: 医院, 家具, 店舗, 建築家ブログ”ばとろぐ”, 注文住宅 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です