防音遮音界壁にする木造賃貸アパート住戸間壁の設計図

賃貸住戸プライベートを遮音壁に

木造賃貸アパートでは上下や左右隣りに他人別人が住み、建物は一体になっている長屋や共同住宅の 住戸と住戸を区画する壁は「界壁(かいへき)」と呼ばれ、建築の法令上で「1階の壁は 上階2階の床の下面まで、2階の壁は 屋根の下面まで、伸ばして、隣り合う住戸を区画区別」しなければなりません。

隣同士の音や振動を遮断して、各々のプライベートを確保するためです。

遮音壁

今回のアパート建物では「界壁」を、木造で造る遮音の壁仕様にしました。

一般的に壁を立てるとき、まず柱状の下地骨材を約30~45センチの間隔で立てて、そちらに板材を貼り付けて造られます。

遮音壁にするためには、柱状の下地骨材を2列に増やして並べて、下地骨材には片側の壁板のみが貼られるようにします。一般的な壁では、片側に伝わった音(振動)は 下地骨材に伝わり、反対側の壁板に伝わって、隣りの住戸に音になって伝わります。

200104-bouonheki-.jpg

遮音壁では、片側壁板に伝わった音(振動)を2列に配置した下地骨材で遮断します。

さらに下地骨材が2列に立っている壁面の内部に、綿状のグラスウール吸音材を充填して音(振動)を吸収して伝搬を遮ります。

190902-higashiyama-004--e1620941094709.jpg

 ▶︎関連解説記事リンク

遮音床

2階の床に施工する遮音の床構成は、複数の板材を重ねて敷き、重量感を増して振動させないようにさせています。

構成は、下から

  • 構造用合板 厚み24mm
  • サウンドカット材
  • 強化せっこうボード 厚み12.5 mm
  • サウンドカット材
  • 強化せっこうボード 厚み12.5 mm
  • フローリング 厚み12mm

になりました。

下の階の天井は、

  • 強化石こうボード 厚み12.5 ミリ
  • グラスウール 厚み50 ミリ

としています。

 

著者情報

北島 俊嗣北島 俊嗣

北島 俊嗣 きたじま としつぐ

株式会社北島建築設計事務所

お客様の貴重な財産である土地や建物を第一に守り、 より美しくデザイン性の高い豊かな建築環境を実現しています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...