北西方向き狭小敷地に明るいリビングの家を建てるプラン間取り設計

東京文京区で家を建て替えるご相談をいただきました。

敷地は三方を住宅で囲まれた住宅密集地で、開放される方向は北西で日差しは住宅で囲われている方向から差してくる状況でした。北西方向からは日光は入って来ません。

暗いリビングをを明るくしたい

既存の住まいは1階にリビングキッチンがあって、リビングキッチンには日射が入らず薄暗い状況でした。

そのような状況でも、ご家族のご要望は明るいリビングにして欲しいと言うものでした。

周囲密集敷地で日当たりを良くする工夫

三方向を住宅で囲われている敷地で、リビングに陽射しを取り込むには、いくつかの工夫を重ねて実現しました。

陽射しを取り込む

南 東 西の三方向を2階建ての住宅でピッタリと囲まれているので、同じ高さでは陽射しを取り込めないので、2階建てでも屋根部分を周りの住宅より高く伸ばして、高く突き出たところから陽射しを内部に取り込むことにしました。

リビングを2階に上げる

取り込んだ陽射しをリビングに届けるために、リビングを2階に上げて陽射しが届くようにしました。(既存のリビングは1階でした)

主に夜間に利用する寝室は1階に配置しました。

リビングを高天井吹抜けにする

屋根を周囲の住宅より高く上げて、リビングを2階に配置すると、リビングは高い天井の吹抜け空間になりました。

吹抜け頂上部に高窓が設けられて陽射しが取り込まれ、日中は照明が要らない明るいリビングになりました。

北側の窓

リビングの北西側方向にはバルコニーに出入りする窓が設けられました。

北西側の窓からは直接陽射しは入りません。ただし窓を介して見える眺めは、昼間は常に陽射しが当たり明るい眺望になっています。

著者情報

北島 俊嗣北島 俊嗣

北島 俊嗣 きたじま としつぐ

株式会社北島建築設計事務所

お客様の貴重な財産である土地や建物を第一に守り、 より美しくデザイン性の高い豊かな建築環境を実現しています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...