木造2階+3階建て二世帯住宅の日当りを良くする設計

各々が近い将来二世帯で住まう予定の住宅で、ご兄弟が隣接して建てた2棟の二世帯注文住宅は、周辺土地形状がすり鉢状になっている底部分に敷地が位置し、周囲を建物に囲われているので、ご家族は日当りの悪さを心配していました。

2つの建物は一方が2階建て、もう一方が3階建てになりました。2階建て、3階建ての住まいにそれぞれ工夫をして明るいリビングになれるよう設計しました。

 → 関連解説記事「陽当たりを良くする工夫」

2階建ては、そのリビングを吹抜けにしてトップライトを設け、日射しを1階のリビングまで取り込めるようにしました。この吹抜けリビングは2階とその上のロフトまでを上下でつなぎ、家族の気配を感じられる空間となっています。

横浜妙蓮寺兄弟二世帯住宅P-内観A-横浜妙蓮寺兄弟二世帯住宅05-吹抜リビング-

もう一方の3階建ての住まいでは、2階にリビングを設けて、その前面に広いバルコニーを広げ、陽射しをそのバルコニーを通してリビングに取り込めるようにました。

横浜妙蓮寺兄弟二世帯住宅P-内観B-横浜妙蓮寺兄弟二世帯住宅08-3階建LDKバルコニー-

さらにそれぞれ他のご要望がありました。

2階建ての住まいでは、

・駐車場には屋根が欲しい。
・吹抜の透明な窓は外部から清掃したい。
・物干し場所は、洗濯機を2階に置くので近い位置に欲しい。
・室外機は目隠しをして欲しい。
・1階のリビングの窓は雨でも開けたいので、雨除けの庇が欲しい。

3階建ての住まいでは、

・2階のリビングの目には連続する広いバルコニーが欲しい。
・1階の入口には門構え的な雰囲気が欲しい。
・2階にある洗濯機から上下しないで物干しがしたい。

横浜妙蓮寺兄弟二世帯住宅P-外観1-横浜妙蓮寺兄弟二世帯住宅10-外観-

これらのご希望を叶えるために付け足したものが、2つの住まいをつなぐバルコニーでした。

 → 関連解説記事「二棟をつなげる多機能バルコニー」

バルコニーは敷地の前面道路一杯に面して、各々の住まいを覆って2棟を結び、外観から2つの住まいが1つの建物に見えるようになりました。

このバルコニーは屋根や庇、門、広場、物干し場になりました。

北島俊嗣
北島建築設計事務所

 

著者情報

北島 俊嗣北島 俊嗣

北島 俊嗣 きたじま としつぐ

株式会社北島建築設計事務所

お客様の貴重な財産である土地や建物を第一に守り、 より美しくデザイン性の高い豊かな建築環境を実現しています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...