休院しないで改修リフォームした歯科医院クリニック

診療開院されている歯科医院(東京成城「山口歯科医院」様)から「休院しないで改修リフォームしたい」というご相談をいただきました。

休院しないための条件

診療開院されている医院を休まないで改修リフォームするためには、

  • ・他の建物もしくは場所に、新たに医院を設けて移す
  • ・仮の医院を、現在の医院の建物の2階住宅に設けて移し、現在の医院を改修し、戻る

という2つの方針が選択できました。

方針を比較検討:賃貸費用と空く場所とX線室の組立て

2種類の方針について、賃貸費用・移転内装期間などが比較・検討されました。

他の賃貸場所に移転開院する場合には、間取りプランを作成して大丈夫と分かりましたが、

  • ・賃貸家賃費用が固定費として発生すること
  • ・空いた既存医院の場所の将来の利用方法について展望がないこと

がデメリットとされました。

もう一案の、仮の医院を現在の医院の建物の2階住宅に設けて移す場合に設けるX線室が2回繰り返して造らないとならないことは、費用的として大きな負担に思えましたが、検討模索するとX線室をプレハブで組み立てて、仮医院の2階に設置したX線室を、1階に移動設置できることが分かり、費用負担が小さくなることが分かりました。

そこで住宅の一角にに仮の医院を設けて歯科医院の改修リフォームをを行う方針に定めらました。順序は以下の通りです。

  • ・住宅(2階)を外部賃貸物件に引っ越しする

    ・2階に仮の医院の内装を整備する

    ・医院の1階→2階へ移転

    ・1階医院の改修リフォーム

    ・医院の2階→1階への移転

    ・再開院

    ・2階の住宅の復旧・戻り引越し

上記の、順序で設計・工事・機器移設が行われ、無事 再医院することができました。

既存の医院診察室

仮の診察室

改修が完了して再開院した診察室

著者情報

北島 俊嗣北島 俊嗣

北島 俊嗣 きたじま としつぐ

株式会社北島建築設計事務所

お客様の貴重な財産である土地や建物を第一に守り、 より美しくデザイン性の高い豊かな建築環境を実現しています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...