建築はどんな場合もオーダーメイドです@北島俊嗣

世の中で販売されている品物は、工場で造られた大量生産品が多いですね。工場で同じものを生産することにより、無駄を無くし、人件費を縮小しながらも品質を確保してコストを下げることで、皆がその恩恵を受けることが出来ます。

一方建築は、敷地の位置や形、建物の用途や規模、予算や建主様のご要望がひとつひとつ全てにおいて異なるので、部品は工場で造れても、現地で作り上げる一品生産物でしか現代では出来ません。

お客様の中には今でも、建物も大量生産品の一部で、ほとんど形が決まっていて、それを「購入」すれば安価に住まい等の建物を手に入れることが出来ると思われている方が居られるかもしれません。しかし、残念ながらそのお考えですと、損をされますのでご注意いただきたいと思います。

建築は「買うもの」ではなく「創るもの」なのです。

そして「販売されている建物」であっても、「創られたもの」と同様の金額の値札が掲げられたものも見受けられます。さらに建物は、何度も買い替えられるような金額の代物でもありませんし、すぐ誰でも簡単に取り替えられる品物でもありません。建築はどんな場合もオーダーメイドなのです。

ですから、お客様の敷地や予算の範囲で、どうぞご要望を叶えてください。売られている建物にお客様の生活やお仕事を合わせるのでなく、お客様の生活やお仕事に合わせた建築を創って下さい。その実現にご協力出来るのは、建築家だけです。

 

北島俊嗣
北島建築設計事務所

 

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...